Exclusive Content:

スペースシャトル

月探査計画「アルテミス」がいよいよ始動!

米東部時間2022年11月16日午前1時48分(JST午後3時38分)、NASA(アメリカ航空宇宙局)の新しい挑戦である「アルテミス計画」が大きな一歩を踏み出しました。

ISS運用から20年を記念してLEGOから発売!

今年はNASAが多国と共同で運用する国際宇宙ステーション(International Space Station:ISS)が運用開始から20年を迎えます。それを記念してLEGOから国際宇宙ステーションのモデルが2月に発売されることが決定しました。 ISSには日本もかかわっており、「きぼう」と呼ばれる実験棟を運用しています。今回のLEGOモデルは864ピースを用いた複雑な構造で、対象年齢も16歳以上と高めに設定されています。 もちろん日本の「きぼう」も再現されていて、現在は運用されていない「スペースシャトル」もミニチュアで再現されています。 LEGOのIDEAシリーズとしてリリースされる予定で、価格は$69.99。国際宇宙ステーションのファンには待望のLEGOとなります。 LEGO公式ページ https://www.lego.com/en-us/product/international-space-station-21321?cmp=Shop-GLO-Ideas-SOC-Jan-20-21321Reveal-POST-FBOrganic-21321Reveal-SH-LEGO--SHOP https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});

今週末に近づいているスーパー台風を宇宙から見た映像

(image credit : NASA) この映像は8月1日にNASAのRandy Brenik宇宙飛行士が国際宇宙ステーションから撮影したスーパー台風、通称ノル―の画像です。 台風は勢力を拡大しながら日本の北西に向かって進行していると言います。 この台風は5日ごろ強い勢力のまま奄美地方に接近する見込みで、現在洪水の被害から復旧中の北九州地方にも勢力が及ぶ可能性があり、警戒を強めています。 近年、局地的な集中豪雨により土砂災害や床下浸水などのリスクが高まっています。この週末は台風の進路に注意が必要です。

STS-128ディスカバリー号打ち上げへ

(Image Credit : NASA) スペースシャトルディスカバリー号(STS-128)が打ち上げ準備の最終ステージに入った。 打ち上げはフロリダ州のケネディー宇宙センターにて現地時間8月25日1:36(日本時間25日14:36)に行われる予定。 打ち上げのために必要な50万ガロンにも及ぶ液体燃料注入が行われる。天候によりシャトルの打ち上げが順調に行えそうであれば、現地時間24日16:11(日本時間25日5:11)より注入が開始される予定。 今回のディスカバリー号では、国際宇宙ステーション(ISS)に各種実験装置や設備維持のための装置、6人体制になったことによりさらに十分物資などの補給が目的。 また、今回のフライトでISSの長期滞在クルーのTim Kopra宇宙飛行士が帰還し、代わりにNicole Stott宇宙飛行士が長期滞在クルーに加わる。スペースシャトルでのクルー交代は、今回のミッションで最後。今後は、ロシアのソユーズ宇宙船によりクルー交代が行われ、今年秋には野口宇宙飛行士が長期滞在クルーとしてソユーズ宇宙船でISSに向かう予定。

エンデバー号、若田さんを乗せて無事帰還

httpv://www.youtube.com/watch?v=YPJ6wU2-BA4 国際宇宙ステーション(ISS)の日本の実験棟「きぼう」完成に向け打ち上げからおよそ15日間にわたりミッションを遂行したスペースシャトルエンデバー号が若田宇宙飛行士を乗せてケネディー宇宙センターに現地時間7月31日10時48分(日本時間23時48分)無事帰還した。 今回のエンデバー号は、打ち上げ時の水素ガス漏れや天候不順などに悩まされ、打ち上げが1ヶ月ほど延期された。その関係で若田宇宙飛行士の滞在時間も3ヶ月から4ヶ月へと延長された。スペースシャトルは帰還時の天候も非常に重要で、ケネディー宇宙センター周辺の天候次第ではエドワーズ空軍基地に着陸位置が移動される場合もあるが、今回ケネディー宇宙センター周辺の天候が良好であったため、着陸は予定通り行われた。 次回のスペースシャトル、ディスカバリー号(STS-128)は8月25日現地時間で1時36分に打ち上げが予定されている。こちらも国際宇宙ステーションの完成に向けたミッション。 (Image, Movie Credit NASA)

エンデバー号、若田さんを乗せISSを離れる

httpv://www.youtube.com/watch?v=VS57heSIBdc ISS(国際宇宙ステーション)の「きぼう」実験棟モジュールの完成ミッションに向っているスペースシャトル、エンデバー号(STS-127)が日本時間29日2時26分、全ての作業を終えISSから切り離された。 日本人初の長期滞在クルーとしてISSでおよそ4ヶ月間を過ごした若田宇宙飛行士は、ISSでの任務を終え、このエンデバー号に乗り込んでおり、31日ケネディー宇宙センターに帰還する。

きぼうモジュール完成

httpv://www.youtube.com/watch?v=wxwYzCG1_Is (Movie Credit : NASA ?STS-127飛行4日目のハイライト映像) スペースシャトルエンデバー号できぼうモジュールの完成ミッションに向かったSTS-127のクルーが1回目の船外活動を7月18日12時19分(日本時間19日1時19分)に開始、若田宇宙飛行士は船外活動後ロボットアームを操作して「きぼう」船外実験プラットフォームを取り付け遂に構想から20年以上かかった日本の実験棟モジュール「きぼう」が完成した。機器類が正常に動作、「きぼう」は筑波宇宙センターの管制からのコントロールも正常に行われている事が確認された。

エンデバー号(STS-127)ISSにドッキング

httpv://www.youtube.com/watch?v=7OtpJPO0sNQ 7月15日に打ち上げられたスペースシャトルエンデバー号が17日EDT13時47分、(日本時間18日2時47分)ISS(国際宇宙ステーション)とドッキング、第20次クルーと合流した。 今回のシャトルミッションは、日本の研究モジュール「きぼう」完成ミッションで、今回のエンデバー号で若田宇宙飛行士が帰還する。 エンデバー号のコマンダー、マーク・ポランスキー宇宙飛行士はISSとのドッキング前に600フィートの距離まで近づき、スペースシャトルのバックフリップ”ランデブーピッチマヌーバ”を行い、第20次クルーがISSからシャトルの耐熱版などに損傷が無いかを調査した。 ドッキングハッチはEDT15時48分に開かれ、第20次クルーと合流した。若田宇宙飛行士と入れ替えに第21次長期滞在クルーとしてISSに滞在するのはティム・コプラ宇宙飛行士。

エンデバー号(STS-127)のランデブーピッチマヌーバ

httpv://www.youtube.com/watch?v=URtWRpy8_is コロンビア号の事故以来恒例となっているスペースシャトルのバックフリップ”ランデブーピッチマヌーバ”がSTS-127エンデバー号でも行われた。 この操作はISSと並走しながらゆっくりとバックフリップを行い、打ち上げ時にシャトル機体に破損が無いかをISS(国際宇宙ステーション)から観察する作業。およそ8分間かけてバックフリップする。 今回も断熱材の剥離が確認されているが、大きな問題につながるものではないとの認識になったが、帰還までの間に影響などがさらに調査される。

スペースシャトルエンデバー打ち上げ成功!

httpv://www.youtube.com/watch?v=8DNljVcs6Dc NASA(アメリカ航空宇宙局)はスペースシャトルエンデバー号(STS-127)の打ち上げに成功した。打ち上げはケネディー宇宙センターより現地時間7月15日18時3分(日本時間7月16日7時3分)に行われ無事に地球の周回軌道に入った。 エンデバー号は6月に打ち上げの予定だったが、外部燃料タンクの水素がす漏れによる再三の打ち上げ延期により、打ち上げが1ヶ月以上遅れていた。 今回のミッションでは、日本の実験棟モジュール「きぼう」の完成とISS(国際宇宙ステーテョン)の長期滞在クルーの交代が行われる。現在宇宙に居る若田宇宙飛行士が今回のエンデバー号で帰還する。

エンデバーの水素ガス漏れ修理大詰め

打ち上げが延期されているスペースシャトルエンデバー号(STS-127)の修復が大詰めを迎えている。 すでに2度打ち上げの延期がされていて、2度とも外部燃料タンクへの燃料補給時に水素ガス漏れが発見された。 既に水素ガス漏れの原因となっていた部品の交換を終えており、配管のボルトなどの点検後、常温でヘリウムを使ったガス漏れテストを行った。さらに外部燃料タンクを極低温の液体水素と液体酸素で満たし、ガス漏れテストを行う。 打ち上げが延期される中、STS-127に登場する宇宙飛行士はヒューストンのジョンソン宇宙センターにてシュミレーターなどを利用して訓練を行っている。 次回の打ち上げは7月11日現地時間19時39分(日本時間12日8時39分)に設定。打ち上げに向け修理も大詰めを迎えている。エンデバー号では、日本人として国際宇宙ステーション(ISS)に初の長期滞在をしている若田光一宇宙飛行士が地球に帰還する。

Stay in touch:

255,324ファンいいね
128,657フォロワーフォロー
97,058購読者購読

Newsletter

Don't miss

月探査計画「アルテミス」がいよいよ始動!

米東部時間2022年11月16日午前1時48分(JST午後3時38分)、NASA(アメリカ航空宇宙局)の新しい挑戦である「アルテミス計画」が大きな一歩を踏み出しました。

ISS運用から20年を記念してLEGOから発売!

今年はNASAが多国と共同で運用する国際宇宙ステーション(International Space Station:ISS)が運用開始から20年を迎えます。それを記念してLEGOから国際宇宙ステーションのモデルが2月に発売されることが決定しました。 ISSには日本もかかわっており、「きぼう」と呼ばれる実験棟を運用しています。今回のLEGOモデルは864ピースを用いた複雑な構造で、対象年齢も16歳以上と高めに設定されています。 もちろん日本の「きぼう」も再現されていて、現在は運用されていない「スペースシャトル」もミニチュアで再現されています。 LEGOのIDEAシリーズとしてリリースされる予定で、価格は$69.99。国際宇宙ステーションのファンには待望のLEGOとなります。 LEGO公式ページ https://www.lego.com/en-us/product/international-space-station-21321?cmp=Shop-GLO-Ideas-SOC-Jan-20-21321Reveal-POST-FBOrganic-21321Reveal-SH-LEGO--SHOP https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js ...

今週末に近づいているスーパー台風を宇宙から見た映像

(image credit : NASA) この映像は8月1日にNASAのRandy Brenik宇宙飛行士が国際宇宙ステーションから撮影したスーパー台風、通称ノル―の画像です。 台風は勢力を拡大しながら日本の北西に向かって進行していると言います。 この台風は5日ごろ強い勢力のまま奄美地方に接近する見込みで、現在洪水の被害から復旧中の北九州地方にも勢力が及ぶ可能性があり、警戒を強めています。 近年、局地的な集中豪雨により土砂災害や床下浸水などのリスクが高まっています。この週末は台風の進路に注意が必要です。

インターステラテクノロジズ社の国内初民間ロケット、打ち上げ後緊急停止

国内初の民間宇宙ロケット「MOMO」の打ち上げが2017年7月30日16時半過ぎに無事打ち上げに成功しました。

日本発、民間による観測ロケット「MOMO」初号機打ち上げ会見

2006年から宇宙事業を開始した、インターテスラテクノロジズ株式会社は、ホリエモンでおなじみ堀江貴文氏がファウンダーとしても知られている日本発の宇宙ベンチャー企業です。同社が北海道の大樹町で研究をすすめているロケットの打ち上げ実験が行われることになり、その記者会見が2017年7月6日に記者会見が行われました。
spot_img