Exclusive Content:

月探査計画「アルテミス」がいよいよ始動!

米東部時間2022年11月16日午前1時48分(JST午後3時38分)、NASA(アメリカ航空宇宙局)の新しい挑戦である「アルテミス計画」が大きな一歩を踏み出しました。

ISS運用から20年を記念してLEGOから発売!

今年はNASAが多国と共同で運用する国際宇宙ステーション(International Space Station:ISS)が運用開始から20年を迎えます。それを記念してLEGOから国際宇宙ステーションのモデルが2月に発売されることが決定しました。 ISSには日本もかかわっており、「きぼう」と呼ばれる実験棟を運用しています。今回のLEGOモデルは864ピースを用いた複雑な構造で、対象年齢も16歳以上と高めに設定されています。 もちろん日本の「きぼう」も再現されていて、現在は運用されていない「スペースシャトル」もミニチュアで再現されています。 LEGOのIDEAシリーズとしてリリースされる予定で、価格は$69.99。国際宇宙ステーションのファンには待望のLEGOとなります。 LEGO公式ページ https://www.lego.com/en-us/product/international-space-station-21321?cmp=Shop-GLO-Ideas-SOC-Jan-20-21321Reveal-POST-FBOrganic-21321Reveal-SH-LEGO--SHOP https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});

今週末に近づいているスーパー台風を宇宙から見た映像

(image credit : NASA) この映像は8月1日にNASAのRandy Brenik宇宙飛行士が国際宇宙ステーションから撮影したスーパー台風、通称ノル―の画像です。 台風は勢力を拡大しながら日本の北西に向かって進行していると言います。 この台風は5日ごろ強い勢力のまま奄美地方に接近する見込みで、現在洪水の被害から復旧中の北九州地方にも勢力が及ぶ可能性があり、警戒を強めています。 近年、局地的な集中豪雨により土砂災害や床下浸水などのリスクが高まっています。この週末は台風の進路に注意が必要です。

宇宙から見た皆既日食

7月22の皆既日食。 当たり前だが、みなさんは地球から皆既日食をみている。では、宇宙から皆既日食の状態をみてみたらどういう感じであろうか? 写真をみてもらうとわかるが、台湾から中国南東部の一部にかけて月の影が落ちている。これは、日本の静止気象衛星「ひまわり」から撮影で、23日に公開された写真である。左が日食開始直前、右が皆既中の地球。 (image credit : NASA Earth Observatory)

人類が月に降り立って丸40年

(Image Credit : NASA) 1969年7月16日アメリカ東部時間(EDT)9時32分(日本時間22時32分)人類初の月面歩行が目的のアポロ11号を搭載したサターンVロケットが打ち上げられた。 そしてその4日後、1969年7月20日22時56分(日本時間21日11時56分)人類は初めて月面に降り立った。人類初の月面歩行を行ったのは、ニール・アームストロング船長で、月面に降り立った際の1歩を「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である(That's one small step for a?man, one giant leap for mankind.)」と表現したのは非常に有名である。 今年は人類初の月面歩行から40周年を迎える年。7月20日で丸40年ということになる。(日本時間では21日)また、NASA(アメリカ航空宇宙局)は50周年の年でもある。 B001VSXNIQ B001U2NGUS

22日、46年ぶりに日本で見れる皆既日食

(Image Credit : NASA ) 2009年7月22日、日本で46年ぶりに皆既日食が観測できます。日本時間で9時30分ごろから各地で部分日食が始まり、屋久島や奄美大島などでは、完全な皆既日食が観測できます。 (写真は、皆既日食が起こっているときに宇宙から撮影した地球。大きな影を落としている。) 日食は、太陽が月の後ろに回りこんでしまい、月の影が地球に落ちる現象。観測する場所によって、角度がずれるため、完全に隠れてしまう皆既日食と、部分的な部分日食があります。また、月は1ヶ月で地球を1周する楕円軌道で、地球は1年で太陽の周りを1周する楕円軌道であるため、月や太陽への距離も変わるため、月の距離が遠く、太陽の距離が近い場合の皆既日食では、太陽を完全に隠しきれずに、中央だけ影になり、リング状の金環日食になることもあります。 地球に投射される月の影は、時速およそ4400キロメートルの猛スピードで移動していくため、間即時出来る時間は数時間程度。 この日は全国的に日食が観測できるが、福岡で90%程度、東京で70%程度、北海道では50%程度の部分日食になります。 今年はガリレオ・ガリレイが望遠鏡を発明し、初めて宇宙をのぞいてから400年。それを記念して世界天文年2009という活動が行われ、今年は世界各地で天文観測に関する様々なイベントが行われる中、日本ではこのような珍しい観測が出来ます。(世界天文年2009公式サイトhttp://www.astronomy2009.jp/index.html) 部分日食は2004年と2007年にも日本で観測されているが、今回のように皆既日食として観測されるのは46年ぶりで、今回を逃すと26年後の2035年まで日本では観測できません。 ★日食を観測する最の注意 日食は月で太陽が隠されるとはいえ、太陽光線は非常に強いものです。肉眼での観測はもちろん、望遠鏡や一般的なサングラス、黒い下敷きなどで観測しても目を傷める可能性がありますので、正しい観測方法で観測するようにしましょう。 ▼日食を観測する方法(国立天文台公式サイト) http://www.nao.ac.jp/phenomena/20090722/obs.html ▼全国各地の観測時刻 http://www.nao.ac.jp/phenomena/20090722/index.html 4052030583 4048680005

LCROSS月探査に向け順調に航行

httpv://www.youtube.com/watch?v=fe8gMRfLRVU NASAの月探査機LCROSS( Lunar Crater Obseration and Sensing Satellite)は月の重力を利用するスイングバイにより加速し、6月23日月の軌道に投入された。今回の軌道への投入は、打ち上げ後最初の重要な操作で、予定通り成功、各種機器が正常に機能している事も確認された。これにより探査機は月の南極付近のクレーターに氷があるかどうか調査する。 今年10月9日には、LCROSSに取り付けられているケンタウルスブースターロケットを月に衝突させ、探査機自らも衝突し科学データの採取を行う。

「かぐや」制御落下時の3D映像

httpv://www.youtube.com/watch?v=AxDNWXZpC3g (Movie Credit : JAXA/NHK) 6月11日、月面に制御落下させた月周回衛星「かぐや」の落下軌道を3D映像にしたものです。 最後は月の影に入るため、落下直前の映像は真っ暗なものになったという事ですが、この3Dシュミレーション映像でもその様子が伺えます。月の表面の起伏がかなり臨場感ある映像となっています。 「かぐや」は2007年9月14日に打ち上げられ、月の様々な映像をハイビジョンカメラで撮影したり、科学データの採取を行い、2009年6月11日(日本時間3時25分)、その役目を終え、月面に制御落下されました。

LRO打ち上げ成功。月への軌道に入る。

(Image Credit : NASA) NASA(アメリカ航空宇宙局)は現地時間6月18日17時32分(日本時間19日6時32分)LROとLCROSS2機の月探査船を積んだアトラスVロケットをケープカナベラル空軍基地LC41打ち上げ台から打ち上げ、月への軌道に投入した。 打ち上げのチャンスは10分置きに3回あり、当初17時12分を予定していたが、最後の17時32分を使っての打ち上げを行った。 探査機はアトラスVロケットを切り離し、ロケット上部のケンタウルスロケットを伴って月の周回軌道に入った。打ち上げ後およそ4時間程度でLCROSSの制御が開始される予定。 探査機LROは6月23日現地時間5:43分(日本時間18:43分)に月へ到着予定。LCROSSは4ヶ月間月周回軌道より探査後、10月9日月表面へ衝突し、その衝突時の噴煙などを調査し月に水分があるかなどを調査する。 ※LRO : Lunar Reconnaissance Orbiter ※LCROSS : Lunar Crater Observation and Sensing Satellite httpv://www.youtube.com/watch?v=j-5t4de6jjI (Movie Credit : NASA TV) B00008I2VF 4892944726

月探査機「かぐや」1年半の観測活動を終え月面に制御落下

(image Credit : JAXA) JAXA(宇宙航空研究開発機構)が2007年9月14日に月探査の目的で打ち上げた探査機SELENE、通称”かぐや”が2009年6月11日午前3時25分任務を終えて月面に衝突。かぐやは文字通り月に帰った。 この制御落下により月面には深さおよそ1メートル、直径10メートル程度のクレーターが出来た。 かぐやは、2機の子衛星を放出しそれぞれ違う軌道で月の観測を行っていたが、すでに今年2月、そのうちの1台であるリレー衛星「おきな」は月面に落下、もう一台のVRAD衛星「おうな」は当面月の軌道を周回することになる。 JAXAのSELENEプロジェクトマネージャ佐々木氏は「ほぼ狙い通りに落下させる事ができた」と発表し、「最初は拍手がおこったが、少し時間が経つとちょっと寂しい気持ちもする」とコメントした。 かぐやは、打ち上げ前に”セレーネ「月に願いを」キャンペーン”を行い、41万人からメッセージ(名前入り)を募集し、メッセージが印字されたシートと共に打ち上げられた。予定されていた制御落下で、そのメッセージが月に残るというもので、メッセージの中には「月へ旅行し名前のシールを記念に持ち帰るぞ」などのメッセージもあった。 >>かぐや(SELENE) http://www.kaguya.jaxa.jp/index_j.htm 4860641841 B00006JOZ5

JAXA月周回衛星「かぐや」は6月11日月面に落下

httpv://www.youtube.com/watch?v=gJmT3dPbwHE (Movie Credit : JAXA かぐやにより低高度撮影) 2009年9月13日よりJAXA種子島宇宙センターより打ち上げられた月周回衛星「かぐや」がその役目を終え、6月11日日本時間午前3時30分ごろ月表面に落下します。 「かぐや」はアポロ計画以来の大規模な月探査ミッションです。月の周回軌道に入り月の起源や進化を紐解くための科学データの採取が目的です。「かぐや」は既に高度を下げ低高度を飛行、まもなく月表面に落下します。

Stay in touch:

255,324ファンいいね
128,657フォロワーフォロー
97,058購読者購読

Newsletter

Don't miss

月探査計画「アルテミス」がいよいよ始動!

米東部時間2022年11月16日午前1時48分(JST午後3時38分)、NASA(アメリカ航空宇宙局)の新しい挑戦である「アルテミス計画」が大きな一歩を踏み出しました。

ISS運用から20年を記念してLEGOから発売!

今年はNASAが多国と共同で運用する国際宇宙ステーション(International Space Station:ISS)が運用開始から20年を迎えます。それを記念してLEGOから国際宇宙ステーションのモデルが2月に発売されることが決定しました。 ISSには日本もかかわっており、「きぼう」と呼ばれる実験棟を運用しています。今回のLEGOモデルは864ピースを用いた複雑な構造で、対象年齢も16歳以上と高めに設定されています。 もちろん日本の「きぼう」も再現されていて、現在は運用されていない「スペースシャトル」もミニチュアで再現されています。 LEGOのIDEAシリーズとしてリリースされる予定で、価格は$69.99。国際宇宙ステーションのファンには待望のLEGOとなります。 LEGO公式ページ https://www.lego.com/en-us/product/international-space-station-21321?cmp=Shop-GLO-Ideas-SOC-Jan-20-21321Reveal-POST-FBOrganic-21321Reveal-SH-LEGO--SHOP https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js ...

今週末に近づいているスーパー台風を宇宙から見た映像

(image credit : NASA) この映像は8月1日にNASAのRandy Brenik宇宙飛行士が国際宇宙ステーションから撮影したスーパー台風、通称ノル―の画像です。 台風は勢力を拡大しながら日本の北西に向かって進行していると言います。 この台風は5日ごろ強い勢力のまま奄美地方に接近する見込みで、現在洪水の被害から復旧中の北九州地方にも勢力が及ぶ可能性があり、警戒を強めています。 近年、局地的な集中豪雨により土砂災害や床下浸水などのリスクが高まっています。この週末は台風の進路に注意が必要です。

インターステラテクノロジズ社の国内初民間ロケット、打ち上げ後緊急停止

国内初の民間宇宙ロケット「MOMO」の打ち上げが2017年7月30日16時半過ぎに無事打ち上げに成功しました。

日本発、民間による観測ロケット「MOMO」初号機打ち上げ会見

2006年から宇宙事業を開始した、インターテスラテクノロジズ株式会社は、ホリエモンでおなじみ堀江貴文氏がファウンダーとしても知られている日本発の宇宙ベンチャー企業です。同社が北海道の大樹町で研究をすすめているロケットの打ち上げ実験が行われることになり、その記者会見が2017年7月6日に記者会見が行われました。
spot_img