Exclusive Content:

NEWS TOPICS

月探査計画「アルテミス」がいよいよ始動!

米東部時間2022年11月16日午前1時48分(JST午後3時38分)、NASA(アメリカ航空宇宙局)の新しい挑戦である「アルテミス計画」が大きな一歩を踏み出しました。

ISS運用から20年を記念してLEGOから発売!

今年はNASAが多国と共同で運用する国際宇宙ステーション(International Space Station:ISS)が運用開始から20年を迎えます。それを記念してLEGOから国際宇宙ステーションのモデルが2月に発売されることが決定しました。 ISSには日本もかかわっており、「きぼう」と呼ばれる実験棟を運用しています。今回のLEGOモデルは864ピースを用いた複雑な構造で、対象年齢も16歳以上と高めに設定されています。 もちろん日本の「きぼう」も再現されていて、現在は運用されていない「スペースシャトル」もミニチュアで再現されています。 LEGOのIDEAシリーズとしてリリースされる予定で、価格は$69.99。国際宇宙ステーションのファンには待望のLEGOとなります。 LEGO公式ページ https://www.lego.com/en-us/product/international-space-station-21321?cmp=Shop-GLO-Ideas-SOC-Jan-20-21321Reveal-POST-FBOrganic-21321Reveal-SH-LEGO--SHOP https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});

今週末に近づいているスーパー台風を宇宙から見た映像

(image credit : NASA) この映像は8月1日にNASAのRandy Brenik宇宙飛行士が国際宇宙ステーションから撮影したスーパー台風、通称ノル―の画像です。 台風は勢力を拡大しながら日本の北西に向かって進行していると言います。 この台風は5日ごろ強い勢力のまま奄美地方に接近する見込みで、現在洪水の被害から復旧中の北九州地方にも勢力が及ぶ可能性があり、警戒を強めています。 近年、局地的な集中豪雨により土砂災害や床下浸水などのリスクが高まっています。この週末は台風の進路に注意が必要です。

エンデバー号(STS-130)打ち上げ。

httpv://www.youtube.com/watch?v=_OQdTjOJjq4 打ち上げが延期されていたスペースシャトルエンデバー号の打ち上げが2月8日、アメリカ東部時間4時14分(日本時間18時14分)ケネディー宇宙センターより行われた。すでにスペースシャトルの運用終了が決定しているため、残す打ち上げは4回となり、エンデバー号は次のフライトが最後になる。

水星の謎

水星には左の写真のように、明るく見える領域がある。2009年9月29日、NASAの水星探査機メッセンジャーが、この領域を撮影することに成功した。 しかし、この領域がなぜスポットライトを浴びたように明るく見えるのかは、まだ解明されていない。それでも、今回得られた最高解像度の画像を分析した結果、この明るい領域には不規則な形をしたくぼみがあることが判明した。火山活動の跡である可能性もあるらしい。 (image credit : NASA) ?

宇宙飛行士候補に金井さん ~ステーション滞在へ~

宇宙航空研究開発機構は9月8日、国際宇宙ステーションに滞在する宇宙飛行士候補として、新たに海上自衛隊第1術科学校(広島)所属の医師で1等海尉、金井宣茂さん(32)を選んだと発表した。 宇宙機構の飛行士候補選抜は、今年の2月の油井亀美也さん(39)、大西卓哉さん(33)の2人のパイロット出身者が選ばれて以来。金井さんは2人と同じく昨年の募集に応募し、最終選考の10人にのこっていた。 金井さんは近く渡米し、油井さん、大西さんとともに約2年間、NASAの正式な飛行士になるための訓練をうける。 宇宙機構の飛行士は11人目。野口聡一さん(44)が今年12月から、古川聡さん(45)が11年春ごろから、ロシアのソユーズ宇宙船に搭乗し、ステーションに半年滞在する。来年3月には山崎直子さん(38)が米スペースシャトルに乗り込むなど、日本人の飛行が続く。 ちなみに金井さんは、2002年3月に防衛医大を卒業。同大学病院、自衛隊大湊病院、自衛隊呉病院などを経て今年6月から現職。32歳。千葉県出身です。

日本の宇宙太陽光発電開発について

宇宙で太陽光による発電を行い、このエネルギーを地上で利用する宇宙太陽光発電。日本政府は宇宙航空研究開発機構(JAXA)とともに2030年の実用化を目標に掲げ、研究、開発を進めているが、この実証実験を三菱電機、IHIなどが参加する財団法人無人宇宙実験システム研究開発機構(USEF)と三菱重工業が受託したという。 宇宙で太陽による発電後、地上への送電方法はマイクロ波またはレーザー光といわれている。 しかし、この仕組みに対して、ヨーロッパはフランスで「送電から受電までの間にある物質には影響がないのか」「大気やオゾン層への影響はどうなのか」といった環境破壊への懸念を示すコメントが見られる。 また一方、新技術によって、地球への負担が軽減されるのではないかという意見や開発に積極的な日本の技術者を応援しているといったような期待をしている声も寄せられている。 (image credit :JAXA)

最大の国産ロケット「H2B」

史上最大の国産ロケット「H2B」が、間もなくデビューする。 食料や日用品、実験機器などを国際宇宙ステーションに届ける無人宇宙船「HTV」を宇宙へ運ぶという。 ちなみに、9月11日、種子島宇宙センター(鹿児島県)からの打ち上げ予定。 このH2Bは、宇宙航空研究開発機構と三菱重工業により開発され、打ち上げ能力だけでなく、56メートルの全長、積み荷を除いて530トンの重さも、日本のロケットで最大だ。 日本実験棟「きぼう」が完成し、本格運用の段階。滞在する飛行士の数も今年6人に増えた今、HTVによる補給が失敗すれば、ISSは食料不足に陥りかねない。それほどの重責を任せるのは、H2Bの信頼性に自信があるからだ。 (image credit: JAXA) httpv://www.youtube.com/watch?v=-dwg9qXwNCA httpv://www.youtube.com/watch?v=rWOZRXiGyoE

衛星ひまわり運用を民間委託へ

気象庁は5~7年後に打ち上げる気象衛星「ひまわり」8号、9号の管理運用を民間企業に委託する方針を固めた。 民間の資金や技術を活用するPFI方式を、気象衛星に導入するのは初めての試みで、コスト削減が期待できる。企業が衛星の向きや軌道を修正したり、観測データの送受信を行う。 ひまわりは故障に備えて2基体制で運用されている。 衛星2基の運用には、準備期間を含めた20年間に200億円以上の経費がかかると予想されている。同庁には運用業務の経験や地上施設がないが、民間委託により最大数十億円のコスト削減がはかれるとして、来年度予算案の概算要求に盛り込むことを決めた。受注には通信や放送など民間の衛星で実績を持つ企業数社が、関心を示しているという。 次期気象衛星である「ひまわり8号」および「ひまわり9号」の入札が行われ、三菱電機が約300億円 (税込み) で落札したらしい。 ? 「ひまわり8号及び9号」の概要 全長  :  約8m 質量  :  打ち上げ時 約3,500kg  ドライ    ?約1,300kg 発生電力  :  約2.6kW 設計寿命  :  15年以上 ミッション運用寿命  :  8年以上 打ち上げ時期  :  「ひまわり8号」 2014年度  「ひまわり9号」 2016年度

火星のビクトリアクレーター

(image credit :??NASA) 火星のメリディアニ平原地域にあるビクトリアクレーター。このクレーター、直径およそ800メートルである。 NASAのマーズ・リコナイサンス・オービタに搭載された高解像度カメラにより22度の角度から撮影されたものだ。この角度から眺めると、クレーターの壁面がかなり険しく、外周部が光輝く物質で縁取られていることが鮮明に浮かび上がる。 そして今回また新たにオポチュニティは、水の存在を示唆する同様の痕跡をこのビクトリアクレーターで発見したとのこと。

オポチュニティが火星で隕石片を発見

(image credit :??NASA) ? 探査車オポチュニティが火星表面で隕石片らしき物体を発見した。 オポチュニティの運転担当が幅60センチほどの岩を発見した。そのとき、オポチュニティはその場から離れようとしていたのだが、物体に気付いて確認のために方向転換を指示したらしい。

Stay in touch:

255,324ファンいいね
128,657フォロワーフォロー
97,058購読者購読

Newsletter

Don't miss

月探査計画「アルテミス」がいよいよ始動!

米東部時間2022年11月16日午前1時48分(JST午後3時38分)、NASA(アメリカ航空宇宙局)の新しい挑戦である「アルテミス計画」が大きな一歩を踏み出しました。

ISS運用から20年を記念してLEGOから発売!

今年はNASAが多国と共同で運用する国際宇宙ステーション(International Space Station:ISS)が運用開始から20年を迎えます。それを記念してLEGOから国際宇宙ステーションのモデルが2月に発売されることが決定しました。 ISSには日本もかかわっており、「きぼう」と呼ばれる実験棟を運用しています。今回のLEGOモデルは864ピースを用いた複雑な構造で、対象年齢も16歳以上と高めに設定されています。 もちろん日本の「きぼう」も再現されていて、現在は運用されていない「スペースシャトル」もミニチュアで再現されています。 LEGOのIDEAシリーズとしてリリースされる予定で、価格は$69.99。国際宇宙ステーションのファンには待望のLEGOとなります。 LEGO公式ページ https://www.lego.com/en-us/product/international-space-station-21321?cmp=Shop-GLO-Ideas-SOC-Jan-20-21321Reveal-POST-FBOrganic-21321Reveal-SH-LEGO--SHOP https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js ...

今週末に近づいているスーパー台風を宇宙から見た映像

(image credit : NASA) この映像は8月1日にNASAのRandy Brenik宇宙飛行士が国際宇宙ステーションから撮影したスーパー台風、通称ノル―の画像です。 台風は勢力を拡大しながら日本の北西に向かって進行していると言います。 この台風は5日ごろ強い勢力のまま奄美地方に接近する見込みで、現在洪水の被害から復旧中の北九州地方にも勢力が及ぶ可能性があり、警戒を強めています。 近年、局地的な集中豪雨により土砂災害や床下浸水などのリスクが高まっています。この週末は台風の進路に注意が必要です。

インターステラテクノロジズ社の国内初民間ロケット、打ち上げ後緊急停止

国内初の民間宇宙ロケット「MOMO」の打ち上げが2017年7月30日16時半過ぎに無事打ち上げに成功しました。

日本発、民間による観測ロケット「MOMO」初号機打ち上げ会見

2006年から宇宙事業を開始した、インターテスラテクノロジズ株式会社は、ホリエモンでおなじみ堀江貴文氏がファウンダーとしても知られている日本発の宇宙ベンチャー企業です。同社が北海道の大樹町で研究をすすめているロケットの打ち上げ実験が行われることになり、その記者会見が2017年7月6日に記者会見が行われました。
spot_img