Exclusive Content:

スペースシャトル

月探査計画「アルテミス」がいよいよ始動!

米東部時間2022年11月16日午前1時48分(JST午後3時38分)、NASA(アメリカ航空宇宙局)の新しい挑戦である「アルテミス計画」が大きな一歩を踏み出しました。

ISS運用から20年を記念してLEGOから発売!

今年はNASAが多国と共同で運用する国際宇宙ステーション(International Space Station:ISS)が運用開始から20年を迎えます。それを記念してLEGOから国際宇宙ステーションのモデルが2月に発売されることが決定しました。 ISSには日本もかかわっており、「きぼう」と呼ばれる実験棟を運用しています。今回のLEGOモデルは864ピースを用いた複雑な構造で、対象年齢も16歳以上と高めに設定されています。 もちろん日本の「きぼう」も再現されていて、現在は運用されていない「スペースシャトル」もミニチュアで再現されています。 LEGOのIDEAシリーズとしてリリースされる予定で、価格は$69.99。国際宇宙ステーションのファンには待望のLEGOとなります。 LEGO公式ページ https://www.lego.com/en-us/product/international-space-station-21321?cmp=Shop-GLO-Ideas-SOC-Jan-20-21321Reveal-POST-FBOrganic-21321Reveal-SH-LEGO--SHOP https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});

今週末に近づいているスーパー台風を宇宙から見た映像

(image credit : NASA) この映像は8月1日にNASAのRandy Brenik宇宙飛行士が国際宇宙ステーションから撮影したスーパー台風、通称ノル―の画像です。 台風は勢力を拡大しながら日本の北西に向かって進行していると言います。 この台風は5日ごろ強い勢力のまま奄美地方に接近する見込みで、現在洪水の被害から復旧中の北九州地方にも勢力が及ぶ可能性があり、警戒を強めています。 近年、局地的な集中豪雨により土砂災害や床下浸水などのリスクが高まっています。この週末は台風の進路に注意が必要です。

月探査機LRO打ち上げへ

(Image Credit : NASA)  スペースシャトルエンデバー号の打ち上げとの関係で6月18日に延期されたLROとLCROSS2機の月探査機(LRO&LCROSS : Lunar Reconnaissance Orbiter and Lunar Crater Observation and Sensing Satellite)の打ち上げが現地時間17時12分(日本時間19日午前6時12分)に行われる予定で、打ち上げのチャンスは17時22分、17時32分と計3回用意されている。  打ち上げはケープカナベラル空軍基地空行われる予定で、アトラスV(ファイブ)ロケットはすでに打ち上げ台LC41に設置されその時を待っている。ケープカナベラル空軍基地はケネディー宇宙センターと隣にあるため、写真では遠くに打ち上げをまつスペースシャトルエンデバー号(STS-127)がKSC39A打ち上げ台に設置されているのが見える(写真右手前に見えるのがアトラスVロケット)。 (Cape Canaveral Air Force Station , CCAFS ? Launch Complex...

エンデバー再度打ち上げ延長

(Image Credit : NASA) ?6月17日打ち上げが予定されていたスペースシャトルエンデバー号は、打ち上げ予定時間の3時間ほど前に再度打ち上げを延期した。  延期の理由は13日の打ち上げ延期理由と同様の水素ガス漏れ。水素ガス漏れがおこっている箇所は同じ場所であったため、再度部品の交換などで時間を要する。  次回の打ち上げチャンスは7月11日以降となる。  

エンデバー(STS-127)17日打ち上げへ。

(Image Credit : NASA) 配管からの水素ガス漏れにより打ち上げが延期されていたスペースシャトルエンデバー号(STS-127)の打ち上げが6月17日現地時間5時40分(日本時間18時40分)に決定した。打ち上げはケネディー宇宙センターの39A発射台から行われる。 17日にはアトラスVロケットで月探査機LRO(ルナー・リコナイサンス・オービター)の打ち上げが予定されていたため、エンデバーの打ち上げはさらに見送られる可能性もあったが、LROの打ち上げを18日夕刻にずらし、先にシャトルを打ち上げる。LROの打ち上げはケープカナベラル空軍基地から行われる。 エンデバー号は国際宇宙ステーションに日本の実験棟「きぼう」モジュールの船外実験プラットフォームと船外パレットを取り付け、きぼうモジュールの完成させる。またこのシャトルで、現在ISS(国際宇宙ステーション)に長期滞在している若田光一さんが任務を終えて帰還する。 打ち上げの模様はNASA-TVで中継されます。 >>NASA TV http://www.nasa.gov/multimedia/nasatv/index.html >>NASA Launch Blog http://www.nasa.gov/mission_pages/shuttle/launch/launch_blog.html

シャトルエンデバー号(STS-127)打ち上げ延期

NASAは、13日に予定されていたスペースシャトルエンデバー号の打ち上げを延期すると発表した。 燃料タンクへ燃料を送る際に、その配管からの水素ガス漏れが検出されたのが延期の理由。 最も早く次の打ち上げ準備が完了するのが6月17日だが、同日ケープカナベル空軍基地よりLRO(Lunar Reconnaissance Orbiter : 月周回探査衛星)の打ち上げが予定されている。 もし20日までに打ち上げが不可能であれば、その次は7月11日まで待たなければならない。

スペースシャトルSTS-127本日打ち上げ

(image credit : NASA) 本日、日本時間20時17分(現地時間13日7:17)、気象条件やトラブルなどが起こらない限り、スペースシャトルエンデバー号(STS-127)の打ち上げが行われる。 エンデバー号はフロリダ州ケネディー宇宙センターの39A発射台に設置されており、燃料の注入も行われた。 今回のミッションでは、日本の実験棟モジュール”きぼう”の組み立てが行われ、3回にわたるきぼうモジュールの組み立てもこれで完成となる。 打ち上げの模様は、NASA公式サイトにて世界中にライブ中継されている。また、打ち上げ前からLaunch Blogがスタートし、打ち上げの最新情報を配信している。 日本が作った実験モジュールが運ばれ、そして完成する今回のミッション。下記のURLよりライブ中継が見れます。(クリックで開きます。) >>NASA TV http://www.nasa.gov/multimedia/nasatv/index.html >>NASA Launch Blog http://www.nasa.gov/mission_pages/shuttle/launch/launch_blog.html 487149926X 4062576287

STS-127乗組員7名がケネディー宇宙センターに到着

httpv://www.youtube.com/watch?v=9bAfOYBvWBk (Movie Credit : NASA TV) 6月13日(土)現地時間7:17(日本時間:20:17)打ち上げ予定のスペースシャトルエンデバー号(STS-127)の宇宙飛行士7名がケネディー宇宙センターに到着しました。シャトルが帰還する滑走路に集まった報道陣の前で7名の宇宙飛行士が打ち上げに向けた最後の準備に入る心境を語っています。 今回のシャトルミッションでは、国際宇宙ステーションに日本の実験棟モジュール「きぼう」の船外パレットなどの取付を行います。 また今回のミッションで現在国際宇宙ステーションに長期滞在している日本の若田宇宙飛行士が地球に帰還します。

エンデバー号(STS-127)の打ち上げは13日

NASAは、スペースシャトルエンデバー号(STS-127)の打ち上げを2009年6月13日現地時間7時17分(日本時間20時17分)に行うと正式に発表した。 今回のミッションでは、国際宇宙ステーションの日本の実験棟である「きぼう」モジュールの組み立てを行う。 すでに2回の運搬を終え、3回目の今回は船外実験プラットフォームと船外パレットを設置する。

シャトルを空輸する様子STS-125

httpv://www.youtube.com/watch?v=VxcRkmi0kso エドワーズ空軍基地から、ケネディー宇宙センターまでスペースシャトルアトランティス号を空輸する輸送機の映像です。5月24日に地球に帰還したアトランティス号です。

Stay in touch:

255,324ファンいいね
128,657フォロワーフォロー
97,058購読者購読

Newsletter

Don't miss

月探査計画「アルテミス」がいよいよ始動!

米東部時間2022年11月16日午前1時48分(JST午後3時38分)、NASA(アメリカ航空宇宙局)の新しい挑戦である「アルテミス計画」が大きな一歩を踏み出しました。

ISS運用から20年を記念してLEGOから発売!

今年はNASAが多国と共同で運用する国際宇宙ステーション(International Space Station:ISS)が運用開始から20年を迎えます。それを記念してLEGOから国際宇宙ステーションのモデルが2月に発売されることが決定しました。 ISSには日本もかかわっており、「きぼう」と呼ばれる実験棟を運用しています。今回のLEGOモデルは864ピースを用いた複雑な構造で、対象年齢も16歳以上と高めに設定されています。 もちろん日本の「きぼう」も再現されていて、現在は運用されていない「スペースシャトル」もミニチュアで再現されています。 LEGOのIDEAシリーズとしてリリースされる予定で、価格は$69.99。国際宇宙ステーションのファンには待望のLEGOとなります。 LEGO公式ページ https://www.lego.com/en-us/product/international-space-station-21321?cmp=Shop-GLO-Ideas-SOC-Jan-20-21321Reveal-POST-FBOrganic-21321Reveal-SH-LEGO--SHOP https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js ...

今週末に近づいているスーパー台風を宇宙から見た映像

(image credit : NASA) この映像は8月1日にNASAのRandy Brenik宇宙飛行士が国際宇宙ステーションから撮影したスーパー台風、通称ノル―の画像です。 台風は勢力を拡大しながら日本の北西に向かって進行していると言います。 この台風は5日ごろ強い勢力のまま奄美地方に接近する見込みで、現在洪水の被害から復旧中の北九州地方にも勢力が及ぶ可能性があり、警戒を強めています。 近年、局地的な集中豪雨により土砂災害や床下浸水などのリスクが高まっています。この週末は台風の進路に注意が必要です。

インターステラテクノロジズ社の国内初民間ロケット、打ち上げ後緊急停止

国内初の民間宇宙ロケット「MOMO」の打ち上げが2017年7月30日16時半過ぎに無事打ち上げに成功しました。

日本発、民間による観測ロケット「MOMO」初号機打ち上げ会見

2006年から宇宙事業を開始した、インターテスラテクノロジズ株式会社は、ホリエモンでおなじみ堀江貴文氏がファウンダーとしても知られている日本発の宇宙ベンチャー企業です。同社が北海道の大樹町で研究をすすめているロケットの打ち上げ実験が行われることになり、その記者会見が2017年7月6日に記者会見が行われました。
spot_img