投稿者: Space Master

オーロラは、太陽から吹き出す荷電粒子の「太陽風」が地球の大気に衝突することで発生します。太陽風は、太陽表面で起こる爆発的な現象である「太陽フレア」によって加速されます。

GOES(Geostationary Operational Environmental Satellite)は、アメリカ合衆国が運用する静止気象衛星シリーズです。1975年から運用が開始されており、現在も地球環境の監視に重要な役割を果たしています。

国立研究開発法人情報通信研究機構(通称:NICT)によれば、日本時間5月8日(水)10時41分以降に発生した大規模な太陽フレア5回を含む複数回の大尉用フレアの発生を確認し、この太陽活動により発生したコロナガスが地球方向へ放射したことが確認されたと発表しました。

NICTイオノゾンデは、国立情報通信技術研究所(NICT)が運用する電離圏観測システムです。電離層は、太陽からの電磁波によって大気が電離された領域で、短波通信やGPS衛星信号の伝搬に影響を与えます。

太陽フレアは、太陽活動が活発になる 太陽黒点周期と呼ばれる約11年の周期で発生します。太陽黒点が多い時期には、強い太陽フレアが発生しやすくなります。

デリンジャー現象とは、太陽フレアが発生した際に、短波通信が途絶えたり、ラジオ放送が聞こえなくなったりする現象です。まるで、太陽の怒りに通信が飲み込まれてしまうかのようです。

1977年9月5日にフロリダのケネディースペースセンターから打ち上げられ2012年8月25日に太陽系を脱出しています。すでに46年以上経過していて、電力確保には太陽光パネルではなく、原子力電池による発電を採用しています。

デルタ航空はアメリカのアトランタに本社を構える保有機数では米国アメリカン航空に次ぐ2位となっていて、最も歴史の古い航空会社です。アメリカの会社だけあって、日本からの発着便も多く、旅行プランなどを立てる時に、現地到着時間がいろいろ選べます。