Exclusive Content:

各国の宇宙機関

月探査計画「アルテミス」がいよいよ始動!

米東部時間2022年11月16日午前1時48分(JST午後3時38分)、NASA(アメリカ航空宇宙局)の新しい挑戦である「アルテミス計画」が大きな一歩を踏み出しました。

ISS運用から20年を記念してLEGOから発売!

今年はNASAが多国と共同で運用する国際宇宙ステーション(International Space Station:ISS)が運用開始から20年を迎えます。それを記念してLEGOから国際宇宙ステーションのモデルが2月に発売されることが決定しました。 ISSには日本もかかわっており、「きぼう」と呼ばれる実験棟を運用しています。今回のLEGOモデルは864ピースを用いた複雑な構造で、対象年齢も16歳以上と高めに設定されています。 もちろん日本の「きぼう」も再現されていて、現在は運用されていない「スペースシャトル」もミニチュアで再現されています。 LEGOのIDEAシリーズとしてリリースされる予定で、価格は$69.99。国際宇宙ステーションのファンには待望のLEGOとなります。 LEGO公式ページ https://www.lego.com/en-us/product/international-space-station-21321?cmp=Shop-GLO-Ideas-SOC-Jan-20-21321Reveal-POST-FBOrganic-21321Reveal-SH-LEGO--SHOP https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});

今週末に近づいているスーパー台風を宇宙から見た映像

(image credit : NASA) この映像は8月1日にNASAのRandy Brenik宇宙飛行士が国際宇宙ステーションから撮影したスーパー台風、通称ノル―の画像です。 台風は勢力を拡大しながら日本の北西に向かって進行していると言います。 この台風は5日ごろ強い勢力のまま奄美地方に接近する見込みで、現在洪水の被害から復旧中の北九州地方にも勢力が及ぶ可能性があり、警戒を強めています。 近年、局地的な集中豪雨により土砂災害や床下浸水などのリスクが高まっています。この週末は台風の進路に注意が必要です。

小型衛星放出技術実証ミッションの衛星を公開

(image credit : JAXA) 6月25日、つくば宇宙センターにて7月21日打ち上げ予定の国際宇宙ステーション(ISS)の補給機「こうのとり」3号機(HTV3)でISSに運搬し、きぼうモジュールから地球の周回軌道に放出される小型衛星がプレスに公開された。 今回のミッションは、7月15日打ち上げ予定のソユーズ宇宙船でISSへ向かう星出宇宙飛行士が滞在する期間に行われるもので、小型衛星放出技術実証ミッションというもの。今回こうのとりは、JAXAが募集した3機の他にNASAが公募した2機を合わせた合計5機を搭載してISSに向かう。 JAXAの公募3機は、福岡工業大学の「FITSAT-1(にわか衛星)」、和歌山大学と東北大学と東京大学の3校連携の「RAIKO」、そして企業からの応募で明星電気株式会社の「WE WISH」。   詳しくはJAXAのサイトにて http://iss.jaxa.jp/htv/120625_cubesat.html

古川宇宙飛行士ら3名がISS滞在から帰還

(image credit : NASA) 第28期、第29期ISS(国際宇宙ステーション)の長期滞在クルーとして6ヶ月弱宇宙に居た古川宇宙飛行士とセルゲイ・バルコフ宇宙飛行士、マイケル・フォッサム宇宙飛行士が、日本時間11月21日8時に無事帰還した。11月のカザフスタンは氷点下になり、雪うっすら積った大地にソユーズの帰還カプセルが着地した。 (image credit : NASA) ...

ISS第29期クルーが撮影したアメリカの夜

(image credit : NASA) 古川宇宙飛行士が滞在するISS(国際宇宙ステーション)から撮影されたアメリカ大陸南東部の写真です。ケネディー宇宙センターがあるフロリダ州やペンシルバニア州、アトランタなどの周辺の映像です。2011年10月18日(アメリカ東部時間)に撮影されたものです。

スペースシャトル計画最後のランディング

(image credit : NASA) スペースシャトル計画の最後となるSTS-135アトランティス号は、現地時間2011年7月21日5時57分(日本時間21日18時57分)、無事フロリダ州ケネディー宇宙センターに着陸、すべてのスペースシャトル計画最後のランディングとなった。

古川宇宙飛行士、国際宇宙ステーションへ

(image credit : NASA) 第28期長期滞在クルーとして国際宇宙ステーションへ向かう古川宇宙飛行士を乗せたソユーズ宇宙船がカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から6月8日2時12分(日本時間6月8日5時12分)に打ち上げられた。 日本人宇宙飛行士としては、野口宇宙飛行士、若田宇宙飛行士に次ぐ3人目の長期滞在クルーとなる。古川さんの滞在は11月ごろまでとなり第29期長期滞在クルーとしても活動する。

エンデバー号最後のバックフリップ

httpv://www.youtube.com/watch?v=Co6mzeL23dg 国際宇宙ステーション(ISS)の建設ミッションのために5月14日に打ち上げられたスペースシャトル・エンデバー号が恒例のランデブーピッチマヌーバーを行った。 これは、ISSとスペースシャトルがランデブー飛行を行い、ISS側からシャトルの外側に打ち上げによる破損などが無いかどうかを調べる作業。 昨夜は、日本上空を通過し、肉眼でもランデブーの様子が確認できた。

エンデバー号最後の打ち上げ

httpv://www.youtube.com/watch?v=6hqoBx6haUc アメリカ東部時間5月14日14時20分(日本時間5月15日3時20分)、スペースシャトルエンデバー号の最後の打ち上げがケネディー宇宙センターにて行われました。

山崎宇宙飛行士帰還。

httpv://www.youtube.com/watch?v=22-Ji8_kDwg 日本人女性宇宙飛行士、山崎さんを乗せたスペースシャトルディスカバリー号(STS-131)が15日間のミッションを終えて、アメリカ東部夏時間4月20日9時8分(日本時間22時8分)フロリダ州ケネディー宇宙センターに無事地球に帰還した。 スペースシャトルの運行は今年で終了が予定されていて、日本人宇宙飛行士としては今回の山崎さんが最後の搭乗ということになる。残るシャトルの運用は3回。 次回は5月14日で、アトランティス号でのミッション。アトランティス号は次回で運行が終了となる。 (Movie credit NASA)

Stay in touch:

255,324ファンいいね
128,657フォロワーフォロー
97,058購読者購読

Newsletter

Don't miss

月探査計画「アルテミス」がいよいよ始動!

米東部時間2022年11月16日午前1時48分(JST午後3時38分)、NASA(アメリカ航空宇宙局)の新しい挑戦である「アルテミス計画」が大きな一歩を踏み出しました。

ISS運用から20年を記念してLEGOから発売!

今年はNASAが多国と共同で運用する国際宇宙ステーション(International Space Station:ISS)が運用開始から20年を迎えます。それを記念してLEGOから国際宇宙ステーションのモデルが2月に発売されることが決定しました。 ISSには日本もかかわっており、「きぼう」と呼ばれる実験棟を運用しています。今回のLEGOモデルは864ピースを用いた複雑な構造で、対象年齢も16歳以上と高めに設定されています。 もちろん日本の「きぼう」も再現されていて、現在は運用されていない「スペースシャトル」もミニチュアで再現されています。 LEGOのIDEAシリーズとしてリリースされる予定で、価格は$69.99。国際宇宙ステーションのファンには待望のLEGOとなります。 LEGO公式ページ https://www.lego.com/en-us/product/international-space-station-21321?cmp=Shop-GLO-Ideas-SOC-Jan-20-21321Reveal-POST-FBOrganic-21321Reveal-SH-LEGO--SHOP https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js ...

今週末に近づいているスーパー台風を宇宙から見た映像

(image credit : NASA) この映像は8月1日にNASAのRandy Brenik宇宙飛行士が国際宇宙ステーションから撮影したスーパー台風、通称ノル―の画像です。 台風は勢力を拡大しながら日本の北西に向かって進行していると言います。 この台風は5日ごろ強い勢力のまま奄美地方に接近する見込みで、現在洪水の被害から復旧中の北九州地方にも勢力が及ぶ可能性があり、警戒を強めています。 近年、局地的な集中豪雨により土砂災害や床下浸水などのリスクが高まっています。この週末は台風の進路に注意が必要です。

インターステラテクノロジズ社の国内初民間ロケット、打ち上げ後緊急停止

国内初の民間宇宙ロケット「MOMO」の打ち上げが2017年7月30日16時半過ぎに無事打ち上げに成功しました。

日本発、民間による観測ロケット「MOMO」初号機打ち上げ会見

2006年から宇宙事業を開始した、インターテスラテクノロジズ株式会社は、ホリエモンでおなじみ堀江貴文氏がファウンダーとしても知られている日本発の宇宙ベンチャー企業です。同社が北海道の大樹町で研究をすすめているロケットの打ち上げ実験が行われることになり、その記者会見が2017年7月6日に記者会見が行われました。
spot_img