Exclusive Content:

SPACEDOOR

月探査計画「アルテミス」がいよいよ始動!

米東部時間2022年11月16日午前1時48分(JST午後3時38分)、NASA(アメリカ航空宇宙局)の新しい挑戦である「アルテミス計画」が大きな一歩を踏み出しました。

ISS運用から20年を記念してLEGOから発売!

今年はNASAが多国と共同で運用する国際宇宙ステーション(International Space Station:ISS)が運用開始から20年を迎えます。それを記念してLEGOから国際宇宙ステーションのモデルが2月に発売されることが決定しました。 ISSには日本もかかわっており、「きぼう」と呼ばれる実験棟を運用しています。今回のLEGOモデルは864ピースを用いた複雑な構造で、対象年齢も16歳以上と高めに設定されています。 もちろん日本の「きぼう」も再現されていて、現在は運用されていない「スペースシャトル」もミニチュアで再現されています。 LEGOのIDEAシリーズとしてリリースされる予定で、価格は$69.99。国際宇宙ステーションのファンには待望のLEGOとなります。 LEGO公式ページ https://www.lego.com/en-us/product/international-space-station-21321?cmp=Shop-GLO-Ideas-SOC-Jan-20-21321Reveal-POST-FBOrganic-21321Reveal-SH-LEGO--SHOP https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});

今週末に近づいているスーパー台風を宇宙から見た映像

(image credit : NASA) この映像は8月1日にNASAのRandy Brenik宇宙飛行士が国際宇宙ステーションから撮影したスーパー台風、通称ノル―の画像です。 台風は勢力を拡大しながら日本の北西に向かって進行していると言います。 この台風は5日ごろ強い勢力のまま奄美地方に接近する見込みで、現在洪水の被害から復旧中の北九州地方にも勢力が及ぶ可能性があり、警戒を強めています。 近年、局地的な集中豪雨により土砂災害や床下浸水などのリスクが高まっています。この週末は台風の進路に注意が必要です。

STS-134 エンデバー号の打ち上げは16日以降

NASA(アメリカ航空宇宙局)は現地時間5月7日、STS-134エンデバー号の打ち上げは16日以降に延期されると発表した。 4月29日に打ち上げられる予定だったが、APU(補助動力装置)に不具合が見つかり、部品交換などの修理が必要となり延期されていた。早くても8日の打ち上げが予定されていたが、最短でアメリカ東部時間5月16日8時56分(日本時間5月16日21時56分)が打ち上げの機会となる。 エンデバー号は今回のフライトをもって退役する。

山崎宇宙飛行士帰還。

httpv://www.youtube.com/watch?v=22-Ji8_kDwg 日本人女性宇宙飛行士、山崎さんを乗せたスペースシャトルディスカバリー号(STS-131)が15日間のミッションを終えて、アメリカ東部夏時間4月20日9時8分(日本時間22時8分)フロリダ州ケネディー宇宙センターに無事地球に帰還した。 スペースシャトルの運行は今年で終了が予定されていて、日本人宇宙飛行士としては今回の山崎さんが最後の搭乗ということになる。残るシャトルの運用は3回。 次回は5月14日で、アトランティス号でのミッション。アトランティス号は次回で運行が終了となる。 (Movie credit NASA)

宙博(そらはく)が開幕。12月6日まで開催。

12月3日から4日間、東京国際フォーラムにて「宙博(そらはく)が有楽町の東京国際フォーラムにて開催されます。 今年はガリレオが天体観測を行ってから400年目。世界天文年と呼ばれ、世界各国で宇宙、天文、そして環境などのイベントが行われています。今回の宙博も世界天文年公認イベントです。 12月3日のオープニングセッションでは独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)理事長の立川敬二氏による基調講演が行われた。 会場では、JAXAによる宇宙開発への取り組みの展示が行われており、会場中心部では、宇宙服のレプリカを身にまとい記念撮影できるコーナーがあり、大人から子供までが宇宙飛行士になりきって写真を撮る風景が見られた。 今回は「エコ」というキーワードが目立ち、最近注目されているエネルギー分野の出展が目立った。エコカーとして慶應義塾大学の8輪駆動電気自動車「Eiica」の実車が展示され人気を集めていた。また次世代のエネルギー伝送ラインとして超伝導ケーブルなどの展示や研究開発中の惑星探査ロボットの実機なども展示された。 宙博は6日まで行われ、3日、4日は基調講演などを中心としたビジネスデー。5日、6日は土日ということもあり、ファミリーデーとして、参加型の体験教室なども開催される。4日には若田宇宙飛行士がNASAのクルーと共にミッションの報告会を行う予定。 詳しくは公式サイトまたは下記お問い合わせへ。 ■公式サイト : http://www.sorahaku.jp/ ■宙博お問い合わせ: TEL:03-5724-7933 (Email : sorahaku09-info@f2ff.jp)

火星に水氷を発見

流星の衝突により火星に純度の高い水氷が存在していたことが明らかになった。 流星群の衝突によってできたクレーターからは水氷が露出し、約200日後に蒸発したという。 なんと、この水氷は純度99%で地球の氷河によく似ているらしく、つまり、氷と土の混合物ではなく固く凍った純粋な氷だということだ。 この氷の起源については2つの説が提示されている。 1つは雪が堆積して水氷が形成されたという説だが、その可能性は低いらしい。なぜなら、火星のこの地域に最後に雪が降ったのはかなり昔のことで、およそ50万年前と考えられているためだ。 もう1つは“凍上”のような作用が起きたという説だ。液体が浸透しやすい土壌の中で水の薄膜は分厚く成長する。この水が圧力を受けて最も冷たい場所に流れ込むと、凍結して純度の高い氷の層が形成され、土壌が隆起する。これが凍上だ。 さて、火星に水氷があるならば、そのわずかな水の中に生命が存在する可能性もあるのだろうか?それについては、まだ解明されていないようである。

ディスカバリー号打ち上げ延期

(Image Credit : NASA) スペースシャトルディスカバリー号の打ち上げが1日延期され、現地時間26日1:10(日本時間26日14:10)に再設定された。 ケネディー宇宙センター周辺の天候が思わしくないための延期。 スペースシャトルの打ち上げは全ての不安要素が取り除かれた状態で行われるべきである。NASAはシャトル打ち上げに関して、各種計器類の状態や、現地の天候を考慮して、毎回慎重に行われる。宇宙飛行士は延期になると、一度シャトルから降り、体を休め、また打ち上げ数時間前から準備にとりかかる。

シャトル打ち上げ、13日に延期

米航空宇宙局(NASA)は11日、同日午後7時39分(日本時間12日午前8時39分)に予定していたスペースシャトル「エンデバー」の打ち上げを1日延期し、12日午後7時13分(同13日午前8時13分)に打ち上げることを決めた。 10日夜に射場周辺に雷が落ちたことが原因であり、シャトルの機体や発射設備に何らかの影響が出た可能性があるため、1日かけて調査するとのこと。 エンデバーは今回、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」を完成させ、長期滞在中の若田光一さん(45)を迎えに行く計画を持つ。

波立つ土星の輪

NASAの土星探査機カッシーニが土星の輪が波打っている現象をとらえた。太陽光が土星の真横から当たる15年に1度の機会がもたらした発見らしい。 その現象は、直径8kmの衛星「ダフニス」の周囲でおきており、ダフニスの軌道は環に対して傾いているため、環を構成する物質が重力に引っ張られて、そういった現象がおきたみたいだ。土星の環には同じような間隙が無数に見つかっていて中に衛星が潜んでいると考えられている。 (image credit : NASA)

NASA創立50周年

(Image Credit : NASA) NASA創立50周年を記念して映画化される「宇宙(そら)へ。」(8月21日日本公開)    この映画は、NASAで厳重に保管されていた「オリジナル・ネガフィルム」もとに作られており、このフィルムに残されていた映像は、圧倒的な宇宙の美しさと共に、ロケット打上げの失敗、船内火事、飛行士の死など、今まであまり世間に公表されなかったNASAの壮絶なる50年間の記録が描かれている。 これは、ぜひチェックしときたい1つである。 ちなみに主題歌は、今年デビュー15周年を迎えるゴスペラーズが、手がけるそうだ。

Stay in touch:

255,324ファンいいね
128,657フォロワーフォロー
97,058購読者購読

Newsletter

Don't miss

月探査計画「アルテミス」がいよいよ始動!

米東部時間2022年11月16日午前1時48分(JST午後3時38分)、NASA(アメリカ航空宇宙局)の新しい挑戦である「アルテミス計画」が大きな一歩を踏み出しました。

ISS運用から20年を記念してLEGOから発売!

今年はNASAが多国と共同で運用する国際宇宙ステーション(International Space Station:ISS)が運用開始から20年を迎えます。それを記念してLEGOから国際宇宙ステーションのモデルが2月に発売されることが決定しました。 ISSには日本もかかわっており、「きぼう」と呼ばれる実験棟を運用しています。今回のLEGOモデルは864ピースを用いた複雑な構造で、対象年齢も16歳以上と高めに設定されています。 もちろん日本の「きぼう」も再現されていて、現在は運用されていない「スペースシャトル」もミニチュアで再現されています。 LEGOのIDEAシリーズとしてリリースされる予定で、価格は$69.99。国際宇宙ステーションのファンには待望のLEGOとなります。 LEGO公式ページ https://www.lego.com/en-us/product/international-space-station-21321?cmp=Shop-GLO-Ideas-SOC-Jan-20-21321Reveal-POST-FBOrganic-21321Reveal-SH-LEGO--SHOP https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js ...

今週末に近づいているスーパー台風を宇宙から見た映像

(image credit : NASA) この映像は8月1日にNASAのRandy Brenik宇宙飛行士が国際宇宙ステーションから撮影したスーパー台風、通称ノル―の画像です。 台風は勢力を拡大しながら日本の北西に向かって進行していると言います。 この台風は5日ごろ強い勢力のまま奄美地方に接近する見込みで、現在洪水の被害から復旧中の北九州地方にも勢力が及ぶ可能性があり、警戒を強めています。 近年、局地的な集中豪雨により土砂災害や床下浸水などのリスクが高まっています。この週末は台風の進路に注意が必要です。

インターステラテクノロジズ社の国内初民間ロケット、打ち上げ後緊急停止

国内初の民間宇宙ロケット「MOMO」の打ち上げが2017年7月30日16時半過ぎに無事打ち上げに成功しました。

日本発、民間による観測ロケット「MOMO」初号機打ち上げ会見

2006年から宇宙事業を開始した、インターテスラテクノロジズ株式会社は、ホリエモンでおなじみ堀江貴文氏がファウンダーとしても知られている日本発の宇宙ベンチャー企業です。同社が北海道の大樹町で研究をすすめているロケットの打ち上げ実験が行われることになり、その記者会見が2017年7月6日に記者会見が行われました。
spot_img